ホテルにはレンタカーがベスト|旅のお供に

綺麗な海を満喫しよう

潜るための準備を整える

男性

綺麗な沖縄の海でシュノーケルをすることに憧れている方も多いと思いますが、実際に沖縄でシュノーケルをする際にはどんな準備をしておけばよいのでしょうか。
まず沖縄でシュノーケルをするにあたって準備しておきたいものとしては、水着、タオル、サンダル、上着、着替え、日焼け止めなどがあります。
一見準備するアイテムは海水浴に出かけるときとさほど変わらないように思えますが、水着に関してはシュノーケルに適したタイプのものを用意することが望ましいです。
男性であれば水着の上にウェットスーツを着やすいように、身体にぴったりフィットする水着を選ぶとよいでしょう。
また、女性であればセパレートタイプの水着を選んだ方がトイレのときなどに着脱するのが比較的楽になります。
さらに、女性は化粧を落としておくことや爪を短くしておくこと、アクセサリーをはずしておくことなども沖縄でシュノーケルをするときには忘れないようにしましょう。
これらは爪がはがれてしまったり、指輪を失くしてしまったりといった沖縄でシュノーケルをする際にありがちなトラブルを避けるための準備としてとても大切です。
そして、沖縄でシュノーケルを楽しむためには、シュノーケルの体験プランを用意している旅行会社やダイビングショップに申し込む方法が一般的となっています。
事前にしっかり準備をして、ルールを守りつつ体力や体調を考慮しながら、沖縄の美しい海を存分に楽しみましょう。

プカプカ浮いて海中鑑賞

泳ぐ人

一般的にマリンアクティビティといえば、スキューバダイビングやシュノーケル、マリンボートなどが人気となっています。
特に沖縄のような観光地では海の透明度が非常に高く、サンゴ礁や熱帯性のカラフルな魚などが多く生息している事から、マリンレジャーのメッカとして人気です。
沖縄では、マリンアクティビティを楽しめるショップが多く点在し、青く美しい海を満喫できるのが沖縄の魅力といえるでしょう。
特に近年、家族連れなどに人気のマリンアクティビティがシュノーケルで、各マリンショップや旅行業者では、シュノーケルプランを多く用意しています。
シュノーケルは防水ゴーグルと呼吸器だけという簡易装備にて、海中世界を覗くことができるアクティビティです。
シュノーケルはスキューバダイビングのように海中に潜る必要がなく、海面にプカプカと浮いているだけで良いので、泳ぎが得意でない方でも簡単に楽しめます。
このため、子供を連れた家族連れに絶大な人気があるマリンアクティビティとして、知られています。
シュノーケルは比較的、水深が浅い場所で行うのが一般的で、子供でも安全に楽しめるアクティビティです。
マリンショップなどで体験する場合は、インストラクターがついているので安全面も確保されており、ベストスポットに案内してもらえます。
沖縄の海は比較的、穏やかな事で知られていますので、沖縄観光に行く際はマリンレジャーも計画に入れてはいかがでしょう。
沖縄でシュノーケルを楽しむ場合、5000円前後の料金プランが人気です。
この価格帯のプランだと所要時間は6時間前後が平均となっており、昼食付きのプランもあります。
他にも写真撮影などのオプションを別途、付けることが可能なので、自分に合ったプランをコーディネートしましょう。

安全に海を楽しむために

シュノーケル

沖縄の海には色とりどりの魚がたくさん泳いでいます。
沖縄の海はほかの地域の海で見ることのできない色鮮やかな魚が泳いでおり、青色の魚やオレンジ色の魚など、なかなか見ることのできない沖縄独特の種類がたくさんいるのです。
その海の中を楽しむのに多くの人が利用するのがシュノーケルです。
そのシュノーケルは誰でも手軽に持ち運ぶことができ、ダイビングの資格を取らなくても、身につければ誰でも海の中に入って泳ぎながら海の中を満喫することができます。
そのシュノーケルは簡単に利用できるだけに、やはり気を付けなければならないこともあります。
安全に沖縄の海を楽しむためにも、注意点はしっかりと把握することが大切です。
その注意点とはいったいどのようなものかといいますと、まず、マスククリアができるようになることです。
シュノーケルは呼吸するためのノズルに海水など水が入ることがあり、マスククリアができていなければ泳ぎながらパニックを引き起こすことがあるのです。
水が中に入れば鼻で吸い込んでしまうことがあります。
鼻で水を吸い込まないよう、しっかりマスククリアのやり方をマスターしておきましょう。
万が一水が入ってきたい場合は、思い切り鼻から息を出して水を押し出すようにすることが必要です。
そのため、まず少しだけでも水が入った時のことを考え、マスククリアの練習をすることが望ましいです。
そしてもう1つは、飲酒をしてからのシュノーケリングは危険と言われているので、泳ぐ前の飲酒は控えることが大事です。
思い切り楽しむ気持ちもあるかもしれませんが、まずは命のことを重視して堪能することが大事なので、注意点はしっかり理解することが必要です。