ホテルにはレンタカーがベスト|旅のお供に

エメラルドグリーンの海

魅力がたくさんある島

ベッド

与論島とは、鹿児島県の最南端にある島で、海が驚くほど綺麗な場所です。
サンゴ礁に囲まれた小さな島で、ハイビスカスやブーゲンビリアなどの綺麗な熱帯の花が咲き、海では熱帯魚が泳いでいます。
映画のロケ地でも話題となりました。
与論島までのアクセスは、飛行機かフェリーとなるので、日常では感じることのできない離島の旅を体験することができます。
与論島の一番の見所は、やはりエメラルドグリーンの海ですが、他にもあります。
例えば、薩摩と琉球の文化が融合した与論島独自の芸能文化は、国指定重要無形民俗文化財に指定されています。
郷土料理においても、ここでしか味わえない南国フルーツや島野菜、魚介類は一度食べたら忘れられない味です。
与論島には、いくつもホテルがあります。
民宿のようなホテルでは、まったりと流れる島時間の中で、島人の温かさを感じることができるでしょう。
リゾート地ならではのビーチリゾートホテルでは、優雅な時間が過ごせるでしょう。
集団の観光客にもおすすめなのが、コテージのホテルです。
ワンルームタイプのコテージなので、自由な時間が過ごせます。
与論島は、海から市街地までの距離がさほど遠くないので、食事は市街地の飲食店でとるのがおすすめです。
名物の「もずくそば」は、ぜひ味わってみてください。
与論島では、レンタカーもありますが、レンタバイクやレンタサイクルがおすすめです。
与論島の大自然を味わいながら素敵なひと時を過ごせるでしょう。

美しいリゾート地

ベル

与論島は鹿児島県の最南端に位置する島で、沖縄本島とは22kmの位置にあります。
島の周囲はサンゴ礁で囲まれている島で、自然が残されている美しい島です。
与論島の産業は農業と観光業でありリゾート地としての性質も持ち合わせています。
このためホテルなどの宿泊施設も多くあります。
与論島への移動手段は飛行機と船になります。
飛行機の場合は鹿児島空港・奄美空港・那覇空港と与論空港を結ぶ飛行機が運行されており、鹿児島空港からは約1時間15分、奄美空港からは与論空港直行便で約45分、那覇空港からは約40分となっています。
特に鹿児島空港と那覇空港へは日本全国の主要空港との路線が運行されているので与論島に行く際のハブ空港となっています。
一方で船の場合には、鹿児島と沖縄を結ぶフェリーの寄港地となっており、鹿児島・沖縄の両方から行くことができます。
与論島の宿泊施設としてはホテルと民宿の2種類があります。
ホテルで人気があるのがプリシアリゾートヨロンで、サンセットビーチを臨む位置にあり、きれいな夕日を見ることができます。
ビーチも白い砂浜であり、日本ではないようなはるか南国のような雰囲気を楽しむことができます。
また本格的な南国リゾートホテル以外にもバンガロータイプの宿泊施設もありますし、民宿であれば5千円以下で泊まれるところもあります。
多くの宿泊施設はオーシャンビューを望める立地にあるためゆったりとした美しい与論島を満喫することができます。

結婚式から新婚旅行まで

ウーマン

幻の浜と呼ばれる百合ヶ浜で有名な与論島は、小さな島ですが複数の宿泊施設があります。
家族経営の民宿では、宿泊以外にも島の生活を体験するといった楽しみが味わえますが、一方、ラグジュアリーな休日を希望する人にはリゾートホテルもあるので、そちらを選択すると良いでしょう。
空港から車で30分程度の場所にあるリゾートホテルには、様々な施設があります。
レストランでは与論島の食材を使った料理を味わったり、本格的なマッサージが受けられるなど、充実した休日を過ごすことができるでしょう。
ホテルには、プールやゴルフが楽しめる施設もあるので、長期滞在しても暇をもてあますことはありません。
友人同士やファミリーで訪れても楽しめますが、新婚旅行にも最適です。
百合ヶ浜で結婚式を挙げるというプランもありますが、ホテル内にはチャペルもあるので、結婚式から新婚旅行までを与論島で全て済ませることができるのです。
家族や友人を招待して式を挙げ、そのまま皆で旅行を楽しむことができるので、忙しくて何度も休暇が取れないというカップルにもおすすめです。
ゲストハウスにはいくつかランクがあり、ハイクラスのコテージを予約すれば与論島の最高の景色を独り占めできます。
それぞれの部屋に専用のジャグジーが備え付けられているので、絶景の中、最高のリラックス気分を味わえるでしょう。
長期滞在を希望する人には、ロングステイプランが人気です。
キッチン付きの部屋を利用すれば、与論島で生活してみたいという夢も叶えられるでしょう。